【ABLabマンガ】第5話「月に連れていくパートナーは?」

ABLabマンガの第5話です。
ABLabでは、日々様々なプロジェクトが立ち上げられていますが、今回は、ABLab発のプロジェクト紹介第2弾として、「R2-D2プロジェクト」を取り上げます。
※なお、このプロジェクトはABLab有志による取組みであり、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、The Walt Disney Company、Lucasfilm Ltd. LCC等によるものではありません。

R2-D2プロジェクトとは?

宇宙×エンターテイメントという可能性

R2-D2プロジェクトは、映画「スター・ウォーズ」に登場するドロイド型のローバーを開発し、宇宙に連れて行こうというプロジェクトです。
SFの世界を実現し、「宇宙×エンターテイメント」という新しい分野を創出することで、多くの人に心の底から湧き出る感動を与えることが私たちのビジョンです。
とはいえ、ビジョンを掲げただけでは何にもなりません。まずは3Dプリンターを使って実際に作ってみることから始めています。
まずは作ってみることから!
やるか、やらぬかだ。ためしなどいらん
とは言いつつ、ミニチュアサイズを試作!
実際に宇宙に連れていくときは、樹脂ではなく金属で作ることになるでしょうが、実物サイズのプロダクトが目の前にあるかどうかでワクワク感が違いますね。技術的に乗り越えなければならない点やコストなど、考えていたらキリがありません。今は考えず、感じることが重要なのです。
このような将来へのワクワク感を味わうことができるのも、このプロジェクトの醍醐味です。

エンターテイメント×技術×宇宙=∞

このプロジェクトで生み出されるR2-D2は、無限の可能性を秘めています。

例えば月面の映像を地球に送信する、地球と通信でやり取りする、月面旅行者の案内など、エンターテイメントだけでなく実用的な活用もできるかもしれません。

プロジェクトマネージャーの萩原さんは宇宙技術畑の第一線で活躍中
地に足ついた技術とエンターテイメントが結びつくとき、どんな化学反応が起きるでしょうか?

チャレンジという財産

日本の宇宙開発は国の仕事がまだまだ多く、失敗が許されず敷居が高いと思われがちです。
R2-D2プロジェクトでは、小さな挑戦から大きな挑戦まで様々なことにチャレンジして、失敗を繰り返すことに価値を見出しています。
失敗から得られる
新しい知見をメンバーで共有し、メンバー全員で成長していくことが重要なのです。

このプロジェクト自体が、遥か彼方の銀河系ではない、「今ここ」で紡がれている一つの物語なのです。

ABLabには、チャレンジ精神溢れる多種多様な人材が集まります。
宇宙業界に携わってきた人、全く無関係の業界の人、宇宙に興味がある人、ビジネスに興味がある人、技術に興味がある人と様々です。

このプロジェクトは技術だけでは達成できません。
多様な人材がプロジェクトに参加することによって、これまで誰も思いつかなかった画期的なアイデアが生まれることもあるでしょう。
現在、プロジェクトに参加しているメンバー数は19人です。今後、より
多くのメンバーをプロジェクトに巻き込み、小さな挑戦を実現させ続け、やがて大きな結果を実現させてみせます。

編集後記

今回は、R2-D2型ローバーを作って宇宙に連れていってしまおうというプロジェクト「R2-D2プロジェクト」をご紹介しました。

今の日本は、失敗を過度に恐れてしまい、困難にチャレンジすることを避けてきているのではないでしょうか?また、同じような気質の人同士で群れてしまい、新たな価値観に触れる機会が失われてしまってはいないでしょうか?
R2-D2プロジェクトには、実はスター・ウォーズすら興味がないという人も参加しています。
しかし、多種多様な人たちが集まり、ああでもない、こうでもないと試行錯誤し、たくさん失敗してその都度学んでいく姿勢こそが、これからの「価値」を見出す新たなる希望なのだと思います。

Special Thanks

まんがたり前田さん、上野りゅうじんさん、マンガ制作へのご協力ありがとうございました。

まんがたり
漫画家が漫画を書くことだけに集中できる環境を作る
https://www.mangatari-comictalk.com/

上野りゅうじん@本スペ&web漫画連載中
https://twitter.com/U_ryu_jin?lang=ja

投稿者プロフィール

星諒佑
星諒佑Auditor
外資スタートアップで奮闘しながら宇宙法に挑む企業内弁護士。専門は不動産とIT。
日本の宇宙ベンチャーが世界で戦っていける環境を構築するため、noteで「3分でわかる宇宙法」の連載をはじめ、ひたすら行動する日々。
宇宙法研究部会部会員、IT法研究部会部会員、シェアリングエコノミー研究部会部会員、リモートセンシング学会会員

毎週最低1回、100本まで更新するnote「3分でわかる宇宙法」
https://note.com/rys_star

関連記事

【ABLabマンガ】第2話「MOMOが与えてくれた出会い」

【ABLabマンガ】最終回「ABLab」

【ABLabマンガ】第1話「Ignition」

【ABLabマンガ】第4話「SEESE」

宇宙天気

【ABLabマンガ】第3話「宇宙天気」